金利の高さに惑わされない

金利の高さに惑わされない

一般的にお金を借りるときには、金利の高さで比較する事が多いでしょう。決して間違ってはいませんが、実は返し方によっては金利の高さはそれほど影響しない事もあるのです。
どういう事かというと、金利が掛かる日数は業者によっても異なるからです。例えば銀行やクレジットカード会社は1ヶ月の借り入れ金額に対し金利がかかってきますが、消費者金融は1日単位で計算されています。つまり長期的に借りるなら銀行やクレジットカードのキャッシングでも良いのでしょうが、1週間など短い期間で返せるなら消費者金融のほうが結果的に利息が少なくなる可能性があるということなのです。多くの方はお金を借りるときには1ヶ月単位で考えがちですが、利息をできるだけ少なくする努力をしたいなら借りる期間に合わせて借入先を調整してみましょう。
金利の低さで言えば銀行のローンが一番低いでしょうか。それはあくまでも1ヶ月単位の計算となり、高額融資の際に向いています。逆に1万円だけを1週間借りたいなら消費者金融のほうが、直ぐに返済ができて利息も少なくてお得になります。
分かりにくかったら、お金を借りる前に必ず返済シュミレーションを利用し、どのくらい利息がかかるか実際の金額で確認するようにしてみて下さい。