お金を借りるときの基本的な審査基準

お金を借りるときの基本的な審査基準

今ではお金を貸す業者も激戦となっていますから、どこも借りやすさやサービスの向上に努めています。多くの場合は20歳以上なら大体借りることができて、パートでもアルバイトでも年収が少ないのは関係なく、安定した収入がある事が最低限の条件となっています。あまり厳しくしすぎると他社にお客を取られるため、今では審査基準がキツ過ぎて借りにくい場所は少ないと考えておくと良いでしょう。ほかにも幾つかの審査基準があり、お金を借りる前にチェックしてみておいて下さい。
まず最初に他社の借り入れがあるかをチェックされます。1社も無い場合や、初めての方はほとんどの場合で条件はクリアできていると思います。借り入れ件数はクレジットカードのキャッシングなどもチェックされる事もありますので、お金を借りている全てのものを把握しましょう。住宅ローンやマイカーローンはそれ程響きませんが、それでも他社の借り入れ件数が多ければ影響する可能性があります。
次に過去に返済のトラブルが無いか確認されます。今現在借り入れ件数が少なくても、過去5年間にブラックリストに載った人は借りられない場合もあります。ブラックリストとは返済が何ヶ月も滞っている事や、債務整理をした事実などです。