マイルールを決めれば借りすぎない

マイルールを決めれば借りすぎない

お金を借りるときには是非マイルールを決めておいて下さい。例えば、1ヶ月の手取り以上の借金は作らないとか、一度に利用するのは1社までなどです。借金が支払えなくなる基準は1ヶ月の支払いが手取り額の1割〜2割り以上になってしまったときです。自由に使える金額は毎月大体決まっていますが、余裕を持って返済できる割合の限度はこのくらいだからです。これ以上の支払になれば、食費を削るなど何かしらに支障が出てくるはずです。また、突然大きな出費がいつ発生するかもわかりませんから、そのときにまた大きな借金が出来てしまい、どんどんと総額が増えてしまいかねません。お金を借りるときには必ず、マイルールを作ってお金を借りる制限を決めましょう。
上手いお金の借り方はいくら借りられるかではなく、いくら返済できるかで考えます。これは住宅ローンなど高額な借金になればなる程影響しやすく、年収に対して借りれる金額をギリギリ利用するのは避けて下さい。自分が返済できる金額を考え、少し余裕を持たせるのがコツです。返済中に途中で高額なお金が必要になっても普段から貯蓄する事ができれば、困る事はありません。借金の返済プラス少し余裕を持たせて少しずつ貯蓄するようにしてみて下さい。